HOME > コストダウン成功事例 > 石油系緩衝材からパドパックに変えてコスト削減に成功

コストダウン成功事例

石油系緩衝材からパドパックに変えてコスト削減に成功

costdown_photo01.jpgT社 医療用品の包装改善
T社は医療用品を世界各国に出荷しております。出荷量の増加に伴い石油系バラ緩衝材の使用量と在庫スペースが社内にて問題視され、更に、環境問題に配慮した緩衝材を探されておりました。
そこで、100%クラフト紙のパドパックを提案致しました。
パドパックとは2枚重ねのロール紙をパドパックコンバーターを通す事で出来上がる緩衝材の事です。これにより作業所内の在庫スペースが約1/60にする事に成功すると共に資材費の削減にも貢献しております。更に、100%クラフト紙の為、廃棄も容易になりユーザー様にも大変喜ばれております。

 

ダンボール梱包のメリット

○資材費の削減
○梱包資材の在庫置場の省スペース化。
○荷受先での廃棄処理が容易。

 

削減コスト

○資材費 約10%削減

 
 
 
Copyright (C) 2007 Fujidan Corporation. All Rights Reserved.