HOME > コストダウン成功事例 > 通常ダンボールからリターナブル集合包装に変えてコスト削減に成功

コストダウン成功事例

通常ダンボールからリターナブル集合包装に変えてコスト削減に成功

S社 カーエアコン用コンプレッサーの包装改善
                    
S社はコンプレッサーの海外出荷用に個装箱(一般段ボール+パルプモールド)で包装し、外装箱(一般段ボール+木製パレット)に1P/L=100個入れで梱包していました。フジダンは物流費削減のためリターナブル梱包を提案しました。
個装箱の替りに段ボールイゲタとサンテックフォームのダンネージを使用し外装箱にユニパックを採用し海外とのリターナブル化に成功しました。
今回の改善効果として資材費の削減・梱包時間の削減・廃材量の削減・外装箱のコンテナーサイズ化による輸送効率のUP等、大きな成果を得られました。

 

ダンボール梱包のメリット

○資材費の削減
○梱包作業の簡略化に梱包工賃の削減
○コンテナーの積載効率UPによる海上運賃の低減

 

削減コスト

トータルコスト 約50%削減

 
 
 
Copyright (C) 2007 Fujidan Corporation. All Rights Reserved.